レーザー脱毛の効果を最大限に得るための注意点

レーザー脱毛期間中、日焼は厳禁

レーザー脱毛では、黒に反応して熱を発生する光を利用しています。レーザー光は肌にも当たりますから、肌が黒っぽいと肌も熱を帯びてしまいます。そうなると肌が軽いやけど状態になって、赤くなることもあります。そうして傷んだ状態の肌に紫外線を当てたりしたら、肌はさらに傷んでしみができたりする可能性もあります。だからレーザー脱毛をしている期間は、日焼けは厳禁なんですね。効果が一番出やすいのは、色白で体毛が濃い場合だって言います。

毛周期に合わせたスケジュールを

毛には毛周期があって、それぞれの毛が成長期、退行期、休止期を数か月周期で繰り返しています。レーザーを照射して毛根を破壊できるのは、成長期の毛に当たった場合だけです。何ヶ月おきに成長期を迎えるかは、体の部位によっても個人によっても違い、2か月から5か月くらいとされています。それを見極めて、タイムリーな時期にレーザーを当てていかなければなりません。医療脱毛で、次の予約が2か月以上先になるというのはこういうわけです。

自己処理が不要になるまでの期間

もし毛周期が5か月だったら、2か月おきに照射してもやりすぎってことになりますし、毛周期が2か月だったら、3か月後に照射したときには肝心の成長期を逃してしまうってことにもなりかねません。全部の毛穴を破壊するっていうのは、とても難しいことで、すり抜けた毛が少々残ることはままあることでしょうね。でも、自己処理がいらなくなるくらい、体毛が少なくなればそれで満足って人も多いでしょう。1年から2年くらいでそうなったっていう声は多いようです。

レーザー脱毛とはその名の通りに脱毛方法の一種で、専用のレーザーを用いて行なう脱毛の事を言います。高い効果を期待出来ますし、他の脱毛方法と比べて痛みが少ない等のメリットがあります。