グリーンスムージーダイエット

野菜不足のために開発された

「ダイエット」を成功させるには、人それぞれ体質に合った方法を選ぶことが大切です。たくさんのダイエット方法がありますが、その中でグリーンスムージーを取り入れた方法が話題となっています。グリーンスムージーは、海外で野菜不足を解消させるために開発されたドリンクです。材料は特に決められていませんが、小松菜やほうれん草などの葉野菜やバナナやリンゴ、キウイフルーツやレモンなどのくだものをミックスさせて作ります。

脂肪が燃焼されやすくなる

「グリーンスムージー」のベストバランスは野菜が6、くだものが4の割合だと言われています。野菜が苦手な人は逆に野菜が4、くだものが6の割合で作ると飲みやすくなります。くだものは糖質が多いので、くだものの割合を多くしすぎてしまうと体重が増えてしまうこともあります。グリーンスムージーを飲むタイミングは特に決められていませんが、ダイエット効果を高めたい場合は朝食前に摂取すると良いそうです。こうすることで脂肪燃焼効果がアップします。

キャベツだけは入れない

「グリーンスムージー」に不向きな食材もいくつかあります。これだけは入れてはならないと言われているのがキャベツです。せっかく美味しくできてもこれを入れたとたん土臭くなって味のバランスが崩れてしまいます。サプリメントを入れるのも流行っていますが、実はこの方法、野菜の吸収が悪くなってしまいます。豆乳や牛乳を入れても同じことです。ハチミツや砂糖も吸収が悪くなると言われています。野菜とくだものだけ、これが最も重要なことです。

フェアリーレシピとは、人気のモデル達によってプロデュースされた美容サプリメントです。バストアップの期待できる成分が含まれているようです。